信州大学 鈴木研究室

© Daisuke SUZUKI Shinshu University

Research theme

Functional polymer microspheres

機能性高分子微粒子に
関する研究

機能性高分子微粒子とは、数十ナノメートルから数マイクロメートル程の高分子から構成される粒子です。古くから塗料や接着剤として利用されていますが、現在では医療・通信・化粧品・環境・エネルギー・電子部品等、幅広い分野に利用され、未来材料の鍵となる素材です。

当研究室では、「高分子微粒子の次元制御とマイクロ空間場における機能制御」を独自のコンセプトとして掲げております。そのコンセプトの下、研究の的を「合成」「集積」「応用」の3点に絞り、日々研鑽を積んでおります。

Research研究紹介

VIEW MORE
  • 01ハイドロゲル微粒子

    当研究室では、わずか数%の高分子と約90%の水から構成されるハイドロゲル微粒子の開発を行っています。

    VIEW MORE
  • 02次世代食品・化粧品に向けた 微粒子材料開発

    食品や洗剤、塗料、化粧品、医薬品に至る幅広い分野で界面活性剤は活用されています。

    VIEW MORE
  • 03生き物のように動くプラスチック

    私たちの周りに溢れているプラスチックは、石油由来の炭素・水素からなる基本単位の繰り返し構造を持った高分子物質の一種です。

    VIEW MORE
  • 04環境に調和した循環高分子の開発

    エラストマー(ゴム状)微粒子はハイドロゲル微粒子と同様にやわらかいコロイド粒子です。

    VIEW MORE